最近、酵素にはまっちゃっています。

酵素ってすごいですよー。なんてたって、飲むだけで、どんどん痩せていけるんですから。

 

…というのはうそです。

 

しかし、酵素を身体に取り入れることで身体の代謝がよくなるということは本当にあるみたいですね。

 

ようするに、酵素には消化酵素と代謝酵素それぞれがあるみたいで、

 

もともと体内に存在するたんぱく質のことで、

それが身体の消化と吸収を効率的に回転させているというイメージでしょうか。

 

そして、この酵素は日々の食生活の乱れやストレスから増える活性酸素などの影響によって、

どんどん削り取られていきます。

 

よく私たちが使っている基礎代謝という言葉がありますが、

これはまさに酵素と言い換えていいかもしれません。

 

体内の酵素が潤沢にあり、その酵素が活発に巡回していたとしたら、

太りにくくなるでしょう。

しかし、もし酵素が少なく、酵素が活発に動かないとしたら、

逆に太りやすくなります。

 

体内で作られる酵素は加齢とともに減少していきますが、

それを食べ物から補うこともできます。

 

生野菜、フルーツ、発酵食品などに含まれている食物酵素を身体に

取り入れることで、不足していた酵素を補うことができ、

それがいい循環を作り出してくれる効果が期待できます。

 

野菜を中心に食べている人、発酵食品をよく食べる人は若々しくエネルギーに満ちたイメージがありますが、

まさに、あの状態が酵素が循環している状態といえるのではないでしょうか。

 

しかし、だからといって毎日生野菜、フルーツ、発酵食品をバランスよく食べるのは難しいですね。

そこで、今話題の生酵素の出番ということになります。

 

つづく